カナダ、セブへのプログラミング~現地エンジニアになれるのか!?~

カナダ、セブにプログラミング留学。来年よりスタート!

フィリピンに来て良かったと初めて思った。

 

皆さんフィリピンでの一般的な収入はご存知でしょうか。

 

結論から言うと約16000ペソ(1ペソ2.4円位 2017年1月現在)、日本円で40000円くらいです。

 

フィリピン人はユニクロは高いと言います。

我々日本人にとってみればユニクロはリーズナブルです。

ある1人の先生は週末が給料日で日曜だった為給料が振り込まれず手元に3ペソしかなかったと。

 

成田からフィリピンまで5時間。

たった5時間です。

なのに、これまで違うわけです。

 

また別の先生は、母親は膝が悪く歩けない。

もちろん働けない。

だけどお金をくれとは言わない。

それでも毎月仕送りしている。

毎食10ペソくらいかなって。

 

たまに、ストリートチルドレンにパンをあげてる。

彼らは、決してありがとうと言わない。

ただ、彼らは笑う。

その笑顔に僕は癒される、それが僕のハピネスだと言っていました。

 

 

なんで海外に働きに行かないのか聞きましたが、自分が生まれた地、育った地に愛着があり

かつ給料は決して高くない、むしろ低いけど今の環境が幸せだとも言っていました。

 

成田から5時間の場所に日本とはかけ離れた国がありました。

ただ、彼らは我々日本人と同じように親切で優しさがあります。

 

相変わらず自分の伝えたい事が上手く出て来ず、ボキャブラリーも文法も過疎状態なので半分くらいしか聞き取れませんでしたが、十分に言いたい事は伝わってきました。

 

きっとダイレクトでカナダに行っていたら、知ることが出来なかったでしょう。

当初、現地の事を知るという目的はなかったですが、良い経験になりました。

エンジニアになって今日の聞いた事が何かに生きればいいなと思います。

もし、フィリピン留学を考えているけど何か最後の根拠がない方。

あなたが都会人であればあるほど、日本人であればあるほど、あなたに大きな影響があると思います。

 

 

それから、先日、夢のごく一部ですが英語の夢を見ました。

確実に英語で会話をしていました。

ほんとに少しでしたが。

 

 

昨日改めて今後の予定を確認したのですが、フィリピンで受けられる最後のIELTSテストは3月19日。

およそ2ヶ月後です。

全てが順調にいくには2ヶ月後にターゲットスコアを取得する事ですが、無理だった場合カナダでの受験になります。

 

今のところ残り今週を入れて3週間でIELTSコースに変更する予定です。

それまでに文法書と単語をどれだけ詰め込めるかが大きな分かれ道となりそうなのでまずは勉強を。

IELTSコースに変更してからはほんとに勉強漬けになるので、今のうちに行きたいところ、食べたいもの、しておきたいと思います。

 

では。

 

BOB